カテゴリー
未分類

リモワの1~2泊用スーツケース「Original Compact」はビジネスにも役立つ

リモワの1~2泊用スーツケース「Original Compact」は、小さく持ち運びやすい大きさのスーツケースです。スーツケースの横に立つと、膝よりも下の位置にスーツケースの最上部があります。2泊以上の時に使用するような一般的なスーツケースの形は長方形ですが、リモワの1~2泊用スーツケース「Original Compact」は高さよりも少し幅が大きいくらいでまるで正方形のような形です。

機内持ち込みが可能なサイズなので、持ち手を収納して手荷物として飛行機の中に持ち込めます。ただし飛行機の会社や機体の座席数によっては、「Original Compact」のサイズだと手荷物の各辺の制限に違反してしまう場合があるためご注意ください。ANA国内線の座席数が100席未満の機体の場合、各辺の制限が45cm×35cm×20cmとなっているため幅がサイズオーバーしてしまいます。

中はアコーディオンのように仕切られているため、取り出したい荷物をさっと掴み取ることができます。コンパクトで膝に乗せることもできるような大きさなので、中の荷物を取り出すためだけに場所を取ってスーツケースを広げる必要がありません。旅行だけでなく、パソコンを持ち運ぶようなビジネスシーンでも活躍するスーツケースです。ノートパソコンの場合、最大16インチのものを収納できます。また仕切りとなっているアコーディオンは取り外し可能で、アコーディオンを取り外すとかさばる秋冬物の洋服でも収納できます。

リモワの1~2泊用スーツケース「Original Compact」の容量は29L、重量は4.3kg。布製のリュックやバッグに比べると重たいですが、ホイールが付いているため持ち上げて運ぶ必要はほとんどありません。ホイールはリモワによって開発された高性能システムが採用されていて、左右前後ななめ、どの方向にも走行が可能です。伸縮可能なハンドルも、どの高さにも調整できるシームレス設計となっています。自分の身長や腕の長さに合ったハンドルの高さで操縦できるため、腕が疲れないのが魅力です。

カテゴリー
未分類

リモワのモデル紹介と、場面ごとのおすすめについて

スーツケースには様々なブランドはありますが、洋服やバッグなどに比べるとそこまで知っている人は少ないと言われています。

実際、洋服やバッグよりも使用する機会が少ないのがその一因として考えることができ、特に女性はあまり詳しくないというのが実情です。

しかし実際には多くのモデルが販売されており、それぞれに特徴があるのです。

ここでは各モデルの違いやおすすめを紹介していきます。

まずオリジナルモデルであるTOPASですが、これはリモワの象徴とも言うべきモデルで最大の特徴である頑丈さを実感することができます。

見た目もシルバーでガッチリとしているのですが、耐久テストが何回も繰り返され衝撃吸収力の優れていることが証明されていますのでとにかく頑丈なスーツケースが欲しいという人におすすめです。

クラシックはその名の通り航空産業が盛んになった頃に発表されたモデルで、電子タグが付いていないためTOPASよりも軽いという特徴があります。

見た目はTOPASと変わらないと感じるかもしれませんが、こちらはダイヤルロックが採用されていて内装も異なるため実際には明確な違いがあるのです。

リモワはスーツケース業界に一石を投じたと言われているのですが、その理由がサルサというモデルです。

これはスーツケースにポリカーボネートを使用しており、世界初の試みでもあります。

これまでは軽量で頑丈を売りにするスーツケースは多かったのですが、サルサはそれに加えて柔軟性をも兼ね備えていますのでわざわざこのモデルに買い換えるという人も少なくありません。

スーツケースと言えばリモワのサルサ、と言われるくらいの人気を誇っていますので今後このモデルがスーツケース業界を引っ張っていくのではないでしょうか。

このようなモデルがある中で、機内持ち込みをする際におすすめなのがサルサエアー33Lです。

最軽量モデルであることから持ち運びが楽で、実用性はかなり高いです。

荷物として預ける際にはTOPAS82Lがおすすめです。

何と言っても頑丈ですので、仮に放り投げられてもびくともしません。